東京駅より徒歩5分 ネオアンチゲン免疫治療のMITグループ東京MITクリニック・アスゲンクリニック

電話受付 月~土曜9:30~18:30[祭日除く]
東京MITクリニック・アスゲンクリニック

前立腺がんへのネオアンチゲン免疫治療症例

前立腺がん症例報告-1

前立腺がん

前立腺がんの骨盤内リンパ節転移、治療期間3ヶ月でリンパ節の転移病巣もほぼ消滅。

患者さん: 66才男性
治療法: リスクチェッカー検査、サイトカイン誘導治療、内因性ペプチド誘導治療、アポトーシス誘導治療

治療までの経緯

排尿困難を自覚し近所のクリニックで単なる前立腺肥大と判断、2年が経過してしまったケース。
その後も症状悪化は著しく、総合病院の泌尿器科受診後、すみやかに手術が実施された。引き続きホルモン療法も併用されたが、1年ほど経過時点で再発。腫瘍マーカーの著しい上昇も止められなかった。

やむなく友人に勧められたサプリメント類も試すが状況に大きな変化は現れず、主治医からもやんわりと今後の余命経過について説明がなされた。

この時点で当院外来を受診、即座にがん免疫の状況を詳細に調べる高度精密血液検査システム「リスクチェッカー」が行われた。
それにより抗がん性サイトカインの著しい低下(抗がん性免疫力がほとんど失われた状態)と、短命になりがちなヘルパーT細胞2系(Th2)比率の上昇を確認。次なる治療ポイントが抽出された。

治療内容と経過

治療前CTでは骨盤底部、右側(写真では左・赤マル部分)に、リンパ節転移として腫れたがん病巣が数個認められた。

治療前のリスクチェッカー所見

抗腫瘍効果の中心をなす抗がん性サイトカイン全般に低下が認められ、サプリメント乱用による免疫枯渇現象の発生を確認。
またヘルパーTh2細胞比率の上昇は予後不良を強く示唆し、早急なる免疫治療・改善対応が求められた。

治療開始からの経過

治療期間:3ヶ月間

治療ポイントの抽出

  • サイトカイン減少による、抗がん性免疫力の欠如。
    →効果的なリンパ球刺激を与えるサイトカイン誘導治療
  • 免疫学的がん消滅の促進を図るため、細胞内部からのアポトーシス誘導を促進。
    →アポトーシス誘導治療
  • 大きく成長したがん腫瘍の縮小・排除を図るため、アポトーシス誘導治療によるアポトーシス強化。
    →アポトーシス誘導治療
  • 残存するがん細胞の捕捉向上を目的に、がんの表面蛋白(HLA抗原)発現を強化。
    →内因性ペプチド誘導治療

治療と経過

提示した下腹部CT写真は治療終了後およそ3カ月経過時点のもの。治療前に存在していた骨盤内のリンパ節転移もほぼ消滅していた。
引き続き6カ月ごとの画像検査と、リスクチェッカー検査併用による経過観察・通院を指示した。

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。


までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636-2
資料請求はこちら

前立腺がん症例報告-2

前立腺がん

手術不可能で高齢ゆえの経過観察、治療開始8ヶ月で膀胱への圧迫・変形は認められず、リンパ節転移もない

患者さん: 77才男性
治療法: リスクチェッカー検査、サイトカイン誘導治療

治療までの経緯

数年来、排尿困難を自覚するもそのまま放置していたケース。
近所のクリニックを受診した時点で既に手術は不可能。高齢であることを考慮して抗がん剤等は使用せず、ホルモン治療のみで経過観察を行う事になった。

その後一時的に腫瘍マーカーも低下傾向を示したが、1年ほどで再発。偶然、通院先で一緒になった別の患者さんに当院外来の話を聞き、来院となった。

この時点ですぐさまがん免疫の状況を詳細に調べる高度精密血液検査システム「リスクチェッカー」が行われた。
それにより抗がん性サイトカインの低下(すなわち抗がん性免疫力が非常に低下した状態)を確認、次なる治療ポイントが抽出された。

治療内容と経過

治療前のリスクチェッカー所見

抗腫瘍効果を良く反映する抗がん性サイトカイン全般に大幅な低下が認められ、免疫学的ながん排除能力が低下していた。

治療開始からの経過

治療期間:8ヶ月間

治療ポイントの抽出

  • サイトカイン減少による、抗がん性免疫力の欠如。
    →効果的なリンパ球刺激を与えるサイトカイン誘導治療としてCS-82MD内服。
  • 高齢であること、また進行が比較的穏やかであることから上記内服治療のみで経過観察を行う。

治療と経過

高度に進行してしまった他症例と比較すると異常症状・所見も軽度であり、サイトカイン誘導治療のみで充分経過観察が可能であった。
提示したCTは内服開始からおよそ8カ月経過した時点のもの。隣接する膀胱にも圧迫や変形は認めず、リンパ節転移も認めない。状況的に内服中止も可能と判断、引き続き6カ月に一度の画像診断によって経過観察を行う旨の説明を行った。

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。


までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636-2
資料請求はこちら

前立腺がん症例報告-3

前立腺がん

前立腺がんの骨転移も、手立てなしの状態から治療開始4ヶ月で厳しい予後を回避。

患者さん: 65才男性
治療法: サイトカイン誘導治療

治療までの経緯

数年前から尿の出が悪く、かかりつけのクリニックにて前立腺肥大症のホルモン治療のみを行っていたケースである。

その後しばらくして比較的大きな病院で検査を受けたところ前立腺がんと診断、しかもがんは大きく広がっており、その時点で“手立てなし”と診断されてしまっていた。
そして続いて行われた全身精密検査で左の足の付け根(大たい骨)にがんの転移が認められ、その後は痛みのため徐々に歩行も困難な状況に陥っていた。
まさに“医者を選ぶのも寿命のうち”である。

地元かかりつけクリニックの医師は特に前立腺の専門医ではなかった。
聞くところによると、尿の出にくくなった高齢男性にはほとんどといってよいほど自分と同じ治療しかされてもらっていない。
しかしこの時点での診断は“前立腺がん+遠隔転移(大たい骨)”であり、もっとも進んだステージ4である。

治療内容と経過

今後の予想された病状

  • 大たい骨に転移したがんの増大による猛烈な痛みと、それによる急速な衰弱
  • 痛みによる寝たきり化と、がんの圧迫による血流障害で下肢のひどいむくみなど
  • 原発部位である前立腺の肥大によって尿の排泄困難と、それによる尿毒症
  • 末期に近づくにつれ、悪液質と呼ばれる急速な全身衰弱と意識混濁

治療開始からの経過

治療期間:4ヶ月間

治療ポイントの抽出

治療が一段落した後の調査画像。
治療前に大量に存在したがんの新生血管はほとんど消失。
治療はおよそ約4ヶ月間、外来通院と入院によって行われ、その結果著しい痛みを伴う症状はおよそ1カ月で消失。
その後にがん活動性は治療開始3ヶ月で低下傾向を見せ始め、急速な縮小を認めた。

治療と経過

まずは近い将来に予想されたがん進行による厳しい予後を回避し、がんとの共存状態を作り出す。
こうして治療を十分に行う時間的余裕を確保した上で、さらに体内からのがん細胞排除を目的としたサイトカイン誘導治療をしばらく継続する方針がとられることになった。

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。

この症例の担当医師

腫瘍免疫専門医による免疫治療を提供。
※MITグループの医師は腫瘍免疫学に精通した専門医による数少ない免疫治療クリニックです。

この症例の担当医師

ネオアンチゲン免疫治療とは

治療費用について


までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636