東京駅より徒歩5分 ネオアンチゲン免疫治療のMITグループ東京MITクリニック・アスゲンクリニック

電話受付 月~土曜9:30~18:30[祭日除く]
東京MITクリニック・アスゲンクリニック

悪性リンパ腫へのネオアンチゲン免疫治療症例

悪性リンパ腫症例報告

悪性リンパ腫

副鼻腔に治療が困難な腫瘍(悪性リンパ腫)が認められるも、治療開始5ヶ月で腫瘍は消失

患者さん: 57才女性
治療法: サイトカイン誘導治療

治療までの経緯

鼻づまりを訴えて近くの耳鼻科を受診した女性。
そこで行われた検査では原因不明だったため、再度近くの総合病院を受診した。

その結果、鼻の奥の副鼻腔(ふくびくう)と呼ばれる部位に腫瘍が認められた。
続いて行われた病理生検によって初めて“悪性リンパ腫(副鼻腔原発)”と診断されたケースである。

治療内容と経過

今後の予想された病状

  • 鼻腔ないにある悪性リンパ腫の増大にともなって周辺の頭蓋骨破壊、および痛みの出現
  • 末期に近づくにつれ、悪液質と呼ばれる急速な全身衰弱と意識混濁

治療開始からの経過

治療期間:4ヶ月間

治療ポイントの抽出

【併用強化治療】
悪性リンパ腫による腫瘍活動性が著しいため併用する強化治療が不可欠と判断。

  • がん進行の阻止・排除を目的として、点滴での内因性ペプチド誘導治療(免疫キレーション・AGH)等による分子レベルの治療対策を行う。
  • 同時にがん周囲に増殖した血管の成長をさまたげ、がんの成長を抑制するために血管新生阻害剤による治療を併用。

治療と経過

治療は約4ヶ月間に数回の外来通院が行われ、その結果悪性リンパ腫は治療開始5ヶ月で消失。

まずは近い将来に予想されたがん進行による厳しい予後を回避し、がんとの共存状態を作り出す。
こうして治療を十分に行う時間的余裕を確保した上で、さらに体内からのがん細胞排除を目的としたサイトカイン誘導治療をしばらく継続する方針がとられることになった。

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。

この症例の担当医師

腫瘍免疫専門医による免疫治療を提供。
※MITグループの医師は腫瘍免疫学に精通した専門医による数少ない免疫治療クリニックです。

この症例の担当医師

ネオアンチゲン免疫治療とは

治療費用について


までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636