東京駅より徒歩5分 ネオアンチゲン免疫治療のMITグループ東京MITクリニック・アスゲンクリニック

電話受付 月~土曜9:30~18:30[祭日除く]
東京MITクリニック・アスゲンクリニック

肝臓がんへのネオアンチゲン免疫治療症例

肝臓がん症例報告-1

肝臓がん

肝臓がん手術不可能も、治療期間8ヶ月でがん腫瘍はほぼ消失。

患者さん: 72才男性
治療法: リスクチェッカー検査、サイトカイン誘導治療、内因性ペプチド誘導治療、アポトーシス誘導治療

治療までの経緯

20年来のC型肝炎にて通院中、5年前に肝臓がんを指摘された症例。この時点では肝硬変も併発しており、手術適応は無しと診断。その後都内・某国立大学病院の専門医によってラジオ波治療を数回くり返すも、再発を繰り返し徐々に悪化。
これ以上のラジオ波治療は不可能と説明されたため、当院外来を受診。

即座にがん免疫の状況を詳細に調べる高度精密血液検査システム「リスクチェッカー」がなされた。それにより抗がん性サイトカインの著しい低下(リンパ球機能がほとんど消失)と、短命を示唆するヘルパーT細胞2系(Th2)比率の異常上昇を確認。次なる治療ポイントが抽出された。

治療内容と経過

治療前CTでは肝臓右葉にラジオ波治療の痕跡と、その周囲(赤マルで囲んだ内部のやや濃い色調部分)に再発・拡大したがん腫瘍を認めた。

治療前のリスクチェッカー所見

抗腫瘍効果の中心をなす抗がん性サイトカインすべてに著しい減少が認められ、全くがん腫瘍の排除ができない状況を確認。
またヘルパーTh2細胞比率の上昇は今後の予後不良を強く示唆し、早急なる免疫改善対応が求められた。

治療開始からの経過

治療期間:8ヶ月間

治療ポイントの抽出

  • 抗がん性サイトカインの産生向上を目指し、早急にリンパ球刺激を行う。
    →サイトカイン誘導治療
  • 細胞内部・ミトコンドリアに働きかけ、がん消滅反応であるアポトーシスを引き出す。
    →アポトーシス誘導治療
  • ラジオ波治療によって刺激された残存がんの活動性も非常に高く、迅速な免疫強化を図る。
    →内因性ペプチド誘導治療の併用

治療と経過

およそ8カ月が経過し、本治療で行う内服・点滴治療もすべて終了。その時点で肝臓に再発したがん腫瘍はほぼ消失

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。


までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636-2
資料請求はこちら

肝臓がん症例報告-2

肝臓がん

肝臓がん末期で根治の見込みなしも、治療開始5ヶ月で腫瘍の急速な縮小が認められる

患者さん: 51才男性
治療法: リスクチェッカー検査、サイトカイン誘導治療、内因性ペプチド誘導治療

治療までの経緯

数年前に突然吐血し、肝臓がんにかかっていることが判明したケース。

不幸なことに彼の場合、がんが発見された当初から持病の肝硬変が非常に悪化しており、がんの手術自体が大きな危険を伴うため、実施はまったく不可能と判断されていた。

当然、肝機能自体が不良なため、保険治療として一般的な抗がん剤治療もできない。できることはインターフェロン治療(注射)のみという状況で、根治の見込みはなしと宣告されていた。

彼の場合、学校を卒業してから自動車工場で油にまみれてコツコツ働き、ようやく数年前に独立して工場を建てたばかりの状況にあった。

妻とは既に別れており、頑張って育ててきた長女・次女は既に遠方へと嫁いだ後。誰に任せられる状況にも無く、スタッフの今後や借入金返済の見込みなど、考えただけでふさぎこむような毎日だった。

そんな時、やむなく偶然知人から薦められた市販のキノコ系サプリメントとD-12成分に希望を託し、服用をし始めたのだった。このケースも一般的ながん進行度に置き換えると“肝臓がん末期”、ステージ4である。

ただ市販サプリメントによる民間的な方法も、治療効果が比較的良く出ていたためがん免疫力は良好な数値を保持していた。ただその良好な効果さえも、成長・増大に伴って活発化したがん細胞活動の前には、不十分な状況にあるものと判断された。

もちろん保険治療にだけを頼ったならば、“治療の手立てまったく無し”である。

治療内容と経過

今後の予想された病状

  • がんの増大による激しい腹痛と、それによる急速な衰弱
  • がんに伴って悪化する肝硬変の病状による腹水や黄だんの発生
  • 肝臓がんの急速な増大に伴って生じる突然の肝臓破裂と強烈な腹痛、出血
  • 末期に近づくにつれ、悪液質と呼ばれる急速な全身衰弱と意識混濁

治療開始からの経過

治療期間:5ヶ月間

治療ポイントの抽出

  • 抗がん性サイトカインの著しい減少
  • がん関連抗原と呼ばれる免疫抑制物質が複数で上昇
  • 直径が9センチほどにおよぶ、再発したすい臓がん

治療と経過

治療はおよそ5ヶ月間に数回の外来通院および入院が行われ、その結果著しいがんの活動性は治療開始4ヶ月で消失、腫瘍も急速な縮小を認めることになった。
まずはがん進行による厳しい予後を第一に回避せしめる。続いてがんとの共存状態を作り出す。
こうして治療を十分に行う時間的余裕を確保した上で、さらに体内からのがん細胞排除を目的としたサイトカイン誘導治療をしばらく継続する方針がとられるようにまで回復した。

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。

この症例の担当医師

腫瘍免疫専門医による免疫治療を提供。
※MITグループの医師は腫瘍免疫学に精通した専門医による数少ない免疫治療クリニックです。

この症例の担当医師

ネオアンチゲン免疫治療とは

治療費用について


までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636