東京駅より徒歩5分 ネオアンチゲン免疫治療のMITグループ東京MITクリニック・アスゲンクリニック

電話受付 月~土曜9:30~18:30[祭日除く]
東京MITクリニック・アスゲンクリニック

大腸がんへのネオアンチゲン免疫治療症例

大腸がん症例報告-1

大腸がん

大腸がん手術後多発性肝転移、治療開始6ヶ月で転移がんはほぼ消滅。

患者さん: 64才男性
治療法: リスクチェッカー検査、サイトカイン誘導治療、内因性ペプチド誘導治療、アポトーシス誘導治療

治療までの経緯

大腸がん(S状結腸)の診断にて2年前に手術を行った。手術後およそ3カ月を経過した時点から腫瘍マーカーの再上昇を認め、点滴による全身抗がん剤治療を開始。しかし何ら治療効果も現れず、抗がん剤治療開始3カ月後には多発性の肝転移も出現。副作用も非常に強かったため、この時点で主治医からその後の治療断念を告げられた。

やむなく雑誌で見かけた食事療法やリンパ球療法、高濃度ビタミンC治療も併用したが、なかなか効果も認められず、当院外来を受診。

即座にがん免疫の状況を詳細に調べる高度精密血液検査システム「リスクチェッカー」を実施。それにより抗がん性サイトカインの著しい低下(抗がん性免疫力がほとんど失われた状態)と、短命になりがちなヘルパーT細胞2系(Th2)比率の上昇が確認された。抽出された治療ポイントは次のとおりである。

治療内容と経過

治療前CTでは肝臓の右葉・左葉に存在する肝転移病巣を認めた。

治療前のリスクチェッカー所見

抗腫瘍効果を反映するサイトカインの著しい低下を認め、それまでに実施した各種療法での免疫改善効果が得られなかったことを如実に示した。
またヘルパーTh2細胞比率の上昇は今後の予後不良を強く示唆すものであり、早急なる免疫治療とその改善対策が求められた。

治療開始からの経過

治療期間:6ヶ月間

治療ポイントの抽出

  • サイトカイン減少による、抗がん性免疫力の欠如。
    →効果的なリンパ球刺激策を与えるサイトカイン誘導治療
  • 免疫学的がん消滅(アポトーシス反応)の促進を図るため、細胞内部・ミトコンドリアへの強化治療対策を実施。
    →アポトーシス誘導治療
  • 残存するがん細胞の捕捉向上を目的に、がんの表面蛋白(HLA抗原)発現を強化。
    →内因性ペプチド誘導治療

治療と経過

提示したCTは一連の免疫治療・ミトコンドリア治療実施後、およそ6カ月を経過した時点のもの。画像上、肝臓に多発した転移がんはほぼ消滅し、マーカー値も正常化。がん腫瘍の消失・共存を目指し引き続き経過観察が必要であると指示。

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。


までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636-2
資料請求はこちら

大腸がん症例報告-2

大腸がん

大腸がん手術後多発性肝転移、治療併用が望まれた。

患者さん: 42才女性
治療法: リスクチェッカー検査、サイトカイン誘導治療、アポトーシス誘導治療

治療までの経緯

4年ほど前に大腸がん(上行結腸)の診断にて根治手術を行った。ところがその2年後に肝転移病巣が発見され、オキサリプラチン・アバスチンといった医薬品による全身抗がん剤治療が行われた。治療当初の3カ月ほどはがん腫瘍に一部縮小が認められたが、その後は増大に転じ主治医から治療断念とホスピスへの転院勧奨がなされた。

そこで知人に勧められたサプリメント類を乱用し始めたが、全身倦怠・食欲不振が出現。この時点になってようやく当院外来に受診となった。

がん免疫の状況を詳細に調べる高度精密血液検査システム「リスクチェッカー」が即座に実施され、抗がん性サイトカインの著しい上昇(リンパ球失調)と、転移がんに対抗すべく上昇したNK細胞活性値を確認、次のとおり治療ポイントが抽出された。

治療内容と経過

来院時のCTでは肝臓の右葉に大きく広がる肝転移病巣を認めた。画像所見から勘案すると、正常に機能している肝臓部分は20%以下と推測され、肝不全による病状の急変も非常に懸念された症例であった。

治療前のリスクチェッカー所見

抗腫瘍効果の中心をなす抗がん性サイトカインに著しい上昇を認め、いわゆるリンパ球失調(サイトカイン・ストーム)の状態である。原因としてはサプリメントの乱用も想定された。いずれにせよ治療対処が急がれた症例である。

治療開始からの経過

治療期間:-ヶ月間

治療ポイントの抽出

  • 体に合わないサプリメント乱用が原因と思われるリンパ球失調改善。
    →それまでの民間療法を即時中止。
  • リンパ球機能の安定化を図り、抗がん性サイトカインの数値安定を目指す。
    →サイトカイン誘導治療
  • 異常に増大したがん細胞のアポトーシス(免疫学的ながん消滅反応)を促進。
    →アポトーシス誘導治療

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。


までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636-2
資料請求はこちら

大腸がん症例報告-3

大腸がん

大腸がん+遠隔転移(肝臓)、非常に末期的状況から治療期間約5ヶ月で腫瘍の急速な縮小を認める。

患者さん: 48才男性
治療法: サイトカイン誘導治療

治療までの経緯

徐々に尿の出が悪くなったため最寄りの病院を受診。意外にも大腸がんが発見されてしまったケースを紹介する。

初めの段階で尿が出なくなった原因は、大腸に発生した大きながんが膀胱を圧迫していたためであった。しかも肝臓に複数の転移がんが発見され、これによる臓器障害も尿の出を悪くしていたのだった。この時点での診断は“大腸がん+遠隔転移(肝臓)”であった。

進行がんの中では最も進行してしまったステージ4である。

治療内容と経過

治療前に血管カテーテルによって大腸がんそのものを調査した画像。がん細胞の回りを取り囲むがんの新生血管が良く観察できる。
(丸く、黒々と染まった部分)この時点での残り余命判断は非常に厳しいものであった。およそ1ヶ月程度。それも大きな急変が無ければ、が条件である。即時入院、そして生存して病院を退院することが想定されない、非常に末期的状況とさえ言える状態であった。

今後の予想された病状

  • 排尿困難による急速な腎機能の悪化と尿毒症併発
  • 肝臓に転移したがんによる極度の肝機能障害、肝不全
  • 末期に近づくにつれ、悪液質と呼ばれる急速な全身衰弱と意識混濁

治療開始からの経過

治療期間:5ヶ月間

治療ポイントの抽出

治療は約5ヶ月間に数回の外来通院および入院が行われ、その結果著しいがんの活動性は治療開始3ヶ月で消失、腫瘍も急速な縮小を認めた。

治療と経過

こうして治療を十分に行う時間的余裕を確保した上で、さらに体内からのがん細胞排除を目的としたサイトカイン誘導治療をしばらく継続する方針がとられることになった。

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。

この症例の担当医師

腫瘍免疫専門医による免疫治療を提供。
※MITグループの医師は腫瘍免疫学に精通した専門医による数少ない免疫治療クリニックです。

この症例の担当医師

ネオアンチゲン免疫治療とは

治療費用について


までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636