東京駅より徒歩5分 ネオアンチゲン免疫治療のMITグループ東京MITクリニック・アスゲンクリニック

電話受付 月~土曜9:30~18:30[祭日除く]
東京MITクリニック・アスゲンクリニック

胃がんへのネオアンチゲン免疫治療症例

胃がん症例報告-1

胃がん

胃がん手術後肝転移、治療開始約10ヶ月で転移がんの活動性がほぼ消滅。

患者さん:58才男性
治療法:リスクチェッカー検査、サイトカイン誘導治療、内因性ペプチド誘導治療、アポトーシス誘導治療

治療までの経緯

2年前に胃がんと診断、胃の大部分を切除する手術を実施。その後は抗がん剤の内服を続けるも食欲低下・疲労感も強くなったため、手術から1年半後にCT精査を行った。それにより肝臓のおよそ半分を占める転移がん病巣を発見。

この時点で「残り余命は3~6カ月程度、抗がん剤投与についても効果はあまり期待できない」と説明された。
こうした残り余命の宣告に納得できない本人はネット情報等によって数種のサプリメント内服や、高濃度ビタミンC点滴等も実施。しかし大きな改善もなく、具合は徐々に悪化。腫瘍マーカーも著しく上昇したため、当院外来を受診することになった。

即座にがん免疫の状況を詳細に調べる血液検査:リスクチェッカー(旧名:がん免疫ドック)を実施。それにより抗がん性サイトカインのバランス不良・NK細胞活性の異常上昇、さらに予後不良マーカーを示すTh2比率の異常上昇も確認。次なる治療ポイントが抽出された。

治療内容と経過

治療前CTでは肝臓の右葉に広がる肝転移病巣を認めている。

治療前のリスクチェッカー所見

抗腫瘍効果を良く反映するサイトカイン(インターロイキン12)は著しく低下し、がん免疫力の低下を認めた。また、ヘルパーTh2細胞比率の上昇は今後の予後不良を強く示唆し、早急なる免疫状況の改善が求められた。

治療開始からの経過

治療期間:10ヶ月間

治療ポイントの抽出

  • 抗がん性サイトカインのバランス不良に対しリンパ球の強化と安定化を図る。
    →サイトカイン誘導治療
  • 免疫学的ながん消滅の強化を図るため、細胞・ミトコンドリアに働きかけてアポトーシス反応を促す。
    →アポトーシス誘導治療
  • 急速な残存がんの活動性低下、ならびにがん抗原(HLA抗原)の発現を促進。
    →早期の免疫強化を図り、内因性ペプチド誘導治療

治療と経過

上記治療(内服6ヶ月・点滴4回)を行い、およそ4ヶ月経過時点のCTを示す。肝臓の大部分を占めた転移がんに壊死(黒色に変化した部分)が生じ、その部分でのがん活動性はほぼ消滅。引き続き再発防止の観点から定期的経過観察を指示。

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。


までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636-2
資料請求はこちら

胃がん症例報告-2

胃がん

胃がん手術後多発性肝転移、治療開始約12ヶ月で肝臓の多発性転移がんが概ね消失。

患者さん:62才男性
治療法:リスクチェッカー検査、サイトカイン誘導治療、内因性ペプチド誘導治療、アポトーシス誘導治療

治療までの経緯

一年ほど前から腹部違和感を自覚したがそのまま放置。その翌年に人間ドックを受けて胃がんと診断された症例。その時点でステージ3と診断され、一カ月半後に胃の亜全摘手術(5分の4を切除)。手術一ヶ月後から抗がん剤の点滴投与を受けるもあまりに副作用がひどく、抗がん剤(TS-1)の内服に変更。
その6カ月後にCTチェックを受け、多発性の肝転移病巣を発見。主治医より「転移が生じたらもはやステージ4。完治の見込みはないが、まずは延命を目指し抗がん剤を継続。」と説明された。

その後は知人から数種類のサプリメントを薦められて内服、さらにリンパ球を増やして血管に戻す治療も併用したが効果は現れない。やがて肝臓の転移病巣はさらに増え、大きくなっていった。

この時点で当院外来を受診、即座にがん免疫の状況を詳細に調べる血液検査:リスクチェッカー(旧名:がん免疫ドック)を実施。それにより著しい抗がん性サイトカインの低下とNK細胞活性の異常上昇を確認。次なる治療ポイントが抽出された。

治療内容と経過

治療前CTでは肝臓に広がる多発性の肝転移病巣(赤で囲まれたカ所)を認める。

治療前のリスクチェッカー所見

抗腫瘍効果を発揮する上で不可欠な抗がん性サイトカインの産生能が著しく低下。この状況の改善無くして、体内からのがん排除はほとんど不可能に近い。また上昇したNK細胞活性は、体内残存がんに対する免疫反応が多少残存していることを示唆し、免疫全般の回復が強く望まれる状況である。

治療開始からの経過

治療期間:12ヶ月間

治療ポイントの抽出

  • サイトカイン減少による、抗がん性免疫力の欠如。
    →効果的なリンパ球刺激を与えるサイトカイン誘導治療
  • 免疫学的ながん消滅を図るため、細胞内部から強力なアポトーシス反応を引き出す。
    →アポトーシス誘導治療
  • 残存するがん細胞を効率よく補足するため、がん表面蛋白(HLA抗原)の発現を図る。
    →内因性ペプチド誘導治療

治療と経過

上記の免疫治療(内服6ヶ月・点滴1ヶ月)を実施し、およそ6ヶ月後のCTで肝臓の多発性転移は概ね消失。引き続き再発防止のため経過観察を指示。

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。


までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636-2
資料請求はこちら

胃がん症例報告-3

胃がん

胃がんと診断されるも、手術拒否の例。

患者さん:55才女性
治療法:リスクチェッカー検査、サイトカイン誘導治療、内因性ペプチド誘導治療、アポトーシス誘導治療

治療までの経緯

2年前に胃がんと診断され、手術が必要と説明された症例。およそ一ヶ月後に手術の予約をして帰宅するも雑誌で見た食事療法を信じ、この病院での治療を一切キャンセル。その後はほぼ菜食に近い食生活を送りながら、市販のサプリメントも大量に摂取。こうした一連の民間療法によって胃がん消滅を期待したが体重も徐々に減少。ほとんど食事が摂れない状態になって当院外来を受診。

即座にがん免疫の状況を詳細に調べる高度精密血液検査システム「リスクチェッカー」が実施された。それにより抗がん性サイトカインの異常上昇(リンパ球失調)と、ヘルパーT細胞2系(Th2)比率の異常上昇を確認。次なる治療ポイントが抽出された。

治療内容と経過

治療前CTでは未切除である胃の内側にがん腫瘍が大きく成長。食物の通過する部分が消滅しているのが分かる。

治療前のリスクチェッカー所見

抗腫瘍効果の中心を担う抗がん性サイトカインの異常上昇によって無秩序な免疫反応(リンパ球失調:サイトカインストーム)の状況にある。がん排除を願うには早急なる改善が欠かせない。またTh2細胞比率の上昇は今後の予後不良を強く示唆し、早急なる免疫治療対応と改善が望まれた。

治療開始からの経過

治療期間:12ヶ月間

治療ポイントの抽出

  • サイトカインの異常上昇をともなうリンパ球失調改善のため、リンパ球機能の安定化を図る。
    →サイトカイン誘導治療
  • 大きく広がったがん腫瘍の縮小・排除を図るため、ミトコンドリア・レベルからのアポトーシス反応発現を促す。
    →アポトーシス誘導治療
  • 残存がんの活動性も非常に高く、HLA抗原発現を目指す。
    →内因性ペプチド誘導治療(点滴)も併用。

治療と経過

治療によっておよそ3ヶ月後、がん腫瘍によってほとんどふさがれていた胃の通り道も再び開通。ただしこのケースは寿命短縮と非常に関係の深いTh2比率の上昇を伴っていたため、抗腫瘍作用の長期持続を狙って内服を9ヶ月間継続。引き続き定期的な経過観察を指示した。

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。


までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636-2
資料請求はこちら

胃がん症例報告-4

胃がん

胃がん末期の胸水貯留、急を要する病状であった。

患者さん:67才男性
治療法:リスクチェッカー検査、サイトカイン誘導治療、内因性ペプチド誘導治療、アポトーシス誘導治療

治療までの経緯

3年前、人間ドックにて胃の異常所見を指摘、総合病院にて進行胃がんの確定診断と早急な手術を勧められたケースである。この場合、本来指示に従って適切な手術を行うべき症例であったが、知人より「手術や抗がん剤をやると全身に散らばってしまう」と忠告を受け、勧められるままにアメリカ製の総合サプリメントの服用を続けていた。

その後も胃の調子に大きな変化はなかったが、ある時から咳が止まらなくなり再び近院を受診、即時入院となった。その時点で胃がん・肺転移・がん性胸膜炎、余命的にはおよそ3カ月前後との説明を受けた。そこで急遽、病院に外出許可を取り、当院外来の受診となった。

早速、がん免疫の状況を詳細に調べる高度精密血液検査システム「リスクチェッカー」を実施。抗がん性サイトカインの著しい上昇(リンパ球失調)と、予後不良を示すヘルパーT細胞2系(Th2)比率の異常上昇が確認された。

治療内容と経過

来院時の胸部CT検査において、両肺に広がる中等~大量の胸水貯留が認められた。この貯留状況では呼吸困難も強いことが想定され、本来であれば早急なる免疫対処の併用が求められた。

治療前のリスクチェッカー所見

抗腫瘍効果の中心をなす抗がん性サイトカインの著しい上昇を認め、典型的なリンパ球失調の状況にあると判断された。またヘルパーTh2細胞比率の上昇による今後の予後不良性も示唆されたため、厳重なアポトーシス誘導が求められた。

治療開始からの経過

治療ポイントの抽出

  • サイトカインの異常上昇の早期改善。
    →リンパ球に対するサイトカイン誘導治療
  • 末期症状的ながん悪液質状態を早急に改善するため、効率の良いアポトーシス反応を引き出す。
    →アポトーシス誘導治療
  • 残存するがん細胞を効率よく補足するため、がん表面蛋白(HLA抗原)の発現を図る。
    →内因性ペプチド誘導治療

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。

この症例の担当医師

腫瘍免疫専門医による免疫治療を提供。
※MITグループの医師は腫瘍免疫学に精通した専門医による数少ない免疫治療クリニックです。

この症例の担当医師

までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636-2
資料請求はこちら

胃がん症例報告-5

胃がん

スキルス性胃がんで手術不能と診断されるも、治療開始約8ヶ月でがん細胞の成長停止。

患者さん:43才女性
治療法:サイトカイン誘導治療

治療までの経緯

海外に滞在中、胃腸の不具合を自覚。現地の小さな病院を訪れたところスキルス性の胃がんと診断された。
胃がんの中でも非常に悪性度、予後ともに不良なスキルスタイプであるが故、発見された時点ですでに治療対処なしと言われてしまっていたケースである。
そうなると一刻も早く日本・故郷に戻りたい。 焦りとつのる気持ちの中、食事の通りを少しでも確保して少しでも全身状態を改善するため、ステントと呼ばれる 金属性の網チューブを胃の中に設置することになった。

とにかく帰国できる体調にせねばならない。
こうして帰国を遂げた彼女だが、到着してその足で訪れたがん専門病院で言われた言葉に我を失った。 “悪性度の高いスキルス胃がん。
この状況では日本でも手術は不可能”、すなわち最も進行してしまい、対処の無いステージ4と診断されたのだった。 もちろん根治自体、まったく不可能の判断である。

その時点ではすでに食事もほとんど摂取できなくなり、体重も10kg近く減少してしまっていた。
この状況では残り余命はおよそ1ヶ月から3ヶ月程度。 保険治療のみに頼って治療を行った場合、急速悪化はもちろんのこと、長期入院のまま退院することなく人生を終えてしまう可能性が強く想定された。

治療内容と経過

治療前に血管カテーテルによって造影剤を注入し、胃がんとその周辺を調査した時の画像。黒く写っている血管の周囲にもやもやとしたがんの新生血管が密に認められる。(円の中)
治療前のリスクチェッカー結果では、インターロイキン12、インターフェロンガンマと呼ばれるサイトカイン類が著しく減少し、体内からがんがまったく排除できない状態だった

今後の予想された病状

  • がんの増大によって経口摂取がまったく不可能になり、全身の衰弱が進行
  • がん細胞の周辺浸潤によって肝機能への影響が出現
  • 胃の内部に露出した胃がんからの、突然の大量出血
  • 末期に近づくにつれ、悪液質と呼ばれる急速な全身衰弱と意識混濁

治療開始からの経過

治療期間:8ヶ月間

治療ポイントの抽出

全身状態の非常に厳しい中、治療は約3ヶ月間をかけて行われた。その結果、治療開始からおよそ5ヶ月目になってがんの活動性は軽快し始めた。そしてその後さらに3ヶ月ほどしてようやくがん細胞自体の成長停止へと持ち込むことに成功した。

治療と経過

治療終了後では、 見事にがんの毛細血管は消失し、がんの活動性が停止している。また、治療後のリスクチェッカー結果でもがんを体内から排除するには十分な数値まで回復している。今後はがんとの共存状態を維持しつつ、さらに体内からのがん細胞排除を目的とした基礎免疫治療をしばらく継続する方針がとられることになった。

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。※通院期間は患者様によって異なります。

この症例の担当医師

腫瘍免疫専門医による免疫治療を提供。
※MITグループの医師は腫瘍免疫学に精通した専門医による数少ない免疫治療クリニックです。

この症例の担当医師

ネオアンチゲン免疫治療とは

治療費用について


までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636-2
資料請求はこちら

までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636