東京駅より徒歩5分 ネオアンチゲン免疫治療のMITグループ東京MITクリニック・アスゲンクリニック

電話受付 月~土曜9:30~18:30[祭日除く]
東京MITクリニック・アスゲンクリニック

ネオアンチゲン免疫治療とは

ネオアンチゲン免疫治療の適応

もう抗がん剤治療しかないと言われた、再発・進行がんの転移がある、再発・進行がんの転移がある、早期に治療を開始したい

MITグループ(東京MITクリニック、アスゲンクリニック)ではがんの様々な症状の方を対象に、ネオアンチゲン免疫治療というアプローチに基づいた複合がん免疫治療を提供しています。

標準治療との並行治療も可能

ネオアンチゲン免疫治療+他院での標準治療

当院の免疫治療は抗がん剤治療、放射線治療、その他の標準治療とも併用治療が可能であり、同時併用による問題点は報告されておりません。 がんの病状が非常に進行した症例に際しましては初診時の医師判断、あるいは患者様の要望も踏まえ、初診当日より治療を開始する事も可能です。

ネオアンチゲン免疫治療とは

がん細胞に目印をたて、免疫細胞の攻撃を誘導し症状に合わせた多種な攻撃を仕掛ける、当院の複合がん免疫治療です。

ネオアンチゲン免疫治療+他院での標準治療

当院はネオアンチゲン免疫治療というアプローチに基づいた複合がん免疫治療を提供しています。
最大の特徴は、がん細胞の表面に「がんの目印」を出現させ、免疫細胞の攻撃を誘導することです。 そのため原発がんはもちろん、転移がんや進行がんにも適応します。

出現させた「がんの目印」を攻撃目標として、原発がんや転移がんの区別なく免疫細胞の攻撃を誘発させます。 また、がんの種類や患者様の症状にあわせて、がん細胞への多様な攻撃方法を備えているのも特徴です。
サイトカイン誘導やアポトーシス誘導をはじめ、免疫チェックポイント阻害、細胞外マトリクス阻害、がん幹細胞治療等を駆使する、プレシジョンメディシン(精密医療)時代の新しい複合がん免疫治療です。

がん細胞の目印・がんペプチド

免疫細胞は、がん細胞が放出する「がんペプチド」という特殊な物質を目印に、がんへの攻撃を仕掛けます。 しかし増殖を繰り返すがん細胞には、この「がんペプチド」を細胞内に隠し、免疫細胞からの攻撃を避ける術をを備えています。 そのため当院ではまず最初に「がんの目印」を出現させ、免疫細胞の攻撃を誘導・誘発させることからはじめます。

※MITグループでは患者様、ご家族様が理解しやすいようにできる限り専門用語を避けてわかりやすく説明しています。

がんペプチドの模式図

ネオアンチゲン免疫治療の一般的な流れ

ネオアンチゲン免疫治療を行うためには、必ず当院のリスクチェッカー検査を行っていただきます。院長による詳細な分析結果の説明のもと、患者様一人ひとりに最適な治療を開始いたします。
約1〜2週間毎の通院治療から、治療経過によって約3ヶ月間程の治療期間を要します。
※ネオアンチゲン免疫治療は、通院1回ごとの治療評価が可能です。そのため、必ず何回受けなければならないといった制約はなく、治療費用も治療毎のお支払いとなります。
※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。
※通院期間は患者様によって異なります。

ネオアンチゲン免疫治療の一般的な流れ

内因性ペプチド誘導治療

内因性がんペプチド誘導

転移を繰り返すいわゆる進行性のがん細胞は、活性化キラーT細胞からの攻撃を逃れるため、多くのケースで自分自身の目印となるMHCクラスI分子をがん細胞の中に隠してしまいます。
各種免疫療法等で、免疫力を高めても免疫機能ががん細胞を見つけられなくなり、がんの進行が収まらない理由はここにあります。
その隠れたMHCクラスI分子を引っ張り出し、免疫機能にがんの目印を教え続けることにより、治療効果を高めるのが、この内因性ペプチド誘導治療です。

※免疫抑制物質を排除する際に、稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。
※MITグループでは患者様、ご家族様が理解しやすいようにできる限り専門用語を避けてわかりやすく説明しています。

サイトカイン誘導治療

サイトカイン誘導

がんの目印であるがんペプチドを感知したナイーブT細胞より成長したキラーT細胞・ヘルパーT細胞は、キラーT細胞ががん細胞への攻撃役・ヘルパーT細胞がその補助役として動き出します。
サイトカイン誘導は、ヘルパーT細胞の働きと、がん細胞を攻撃するキラーT細胞の特性に注目し、サイトカインインデューサーの短期間投与によって行われます。

※リンパ球機能を増殖させるにあたり、稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。
※MITグループでは患者様、ご家族様が理解しやすいようにできる限り専門用語を避けてわかりやすく説明しています。

これにより、がんを見つけやすくなったリンパ球(免疫細胞)を素早く増殖させ、安定的にがん細胞を攻撃します。

アポトーシス誘導治療

アポトーシス誘導

本来正常な細胞は、細胞に大きな異変が生じた際、ミトコンドリアによって自ら自滅を行おうとする反応、アポトーシス(プログラムされた細胞死)が発令されます。がん細胞が無限に増殖しつづける理由には、がん細胞がミトコンドリアに甚大な障害を与えているためであり、この改善が急務となります。
アポトーシス誘導は、がん細胞の内部に備わったミトコンドリア内部の酸化的リン酸化、電子伝達系といったしくみの改善を促し、効果的なアポトーシスの発令をめざす手法です。

※稀に副作用として顔のほてりなどが生じる可能性があります。
※MITグループでは患者様、ご家族様が理解しやすいようにできる限り専門用語を避けてわかりやすく説明しています。

そこで、内服するアポトーゼMD・MTにより、ミトコンドリアの機能を回復させ、細胞死、すなわちアポトーシスを発動させる環境を整えます。

ネオアンチゲン免疫治療による著効例

肺がん

再発’肺がんにて胸水貯留も治療期間6ヶ月でほぼ消失、腫瘍マーカーも正常値まで改善

患者さん:64才男性
治療法:リスクチェッカー検査、サイトカイン誘導治療、内因性ペプチド誘導治療、アポトーシス誘導治療
肺がん治療前
治療前CTでは右肺に大量貯留した胸水が認められる。

治療までの経緯

根治手術を2年前に実施するも、その1年後に再発・胸水貯留が発生。全身抗がん剤治療を実施するも効果なく、腫瘍マーカーの異常上昇とともに大量の胸水が貯留。
主治医よりこれ以上の治療は非常に困難で、緩和ケア治療に切り替えるとの説明を受ける。

肺がん治療前治療前
肺がん治療後ネオアンチゲン免疫治療の治療後

治療後の経過

提示したCT画像はおよそ6カ月経過後の所見であり、貯留した大量の胸水はほぼ消滅。合わせて腫瘍マーカーもほぼ正常化したため、当外来での内服・点滴治療はいったん終了とした。 引き続き3カ月ごとの画像診断検査、6カ月ごとのリスクチェッカー検査(免疫採血)併用の必要性を指示した。

治療費用・注意点

初診料 20,000円・リスクチェッカー検査 120,000円・内因性ペプチド誘導(1回) 520,000円・サイトカイン誘導(1ヶ月分) 40,000円・アポトーシス誘導(1ヶ月分) 89,600円・※当院の治療は、保険外の免疫治療であるため、原則すべて自由診療となります。※費用例はすべて税抜金額となります。

その他の有効症例のご紹介

当院では腫瘍免疫や血液内科など、がん免疫治療最前線で経験を積んだ医師達による「チームがん治療」を軸とし、2万件を超える治療症例の中から患者様にもっとも効果の高い治療を提供しています。

ほとんどのがん種に適応すると同時に、他院では「手立てなし」と宣告された患者様を多数根治へと導いてまいりました。

※これらのがん種以外にも様々ながんの治療実績がございます。お気軽にご相談ください。

確実な治療を支える独自の検査システム

MITグループでは、確実なネオアンチゲン免疫治療を支える独自の検査システム、がん・高度精密血液検査システム「リスクチェッカー」を完備しています

がん高度精密血液検査システム「リスクチェッカー」

がん精密免疫血液検診システム「リスクチェッカー」では、現時点におけるがんの性質と免疫状況を精密に調査します。

そのうえで、結果から推定される免疫状況の問題点(がんの活動性、免疫低下のタイプ、性質等)を、個別にすべて抽出して検討を行います。

がん高度精密血液検査システム「リスクチェッカー」

これにより通常のがん関連血液検査ではなし得ない、免疫状況の詳細な把握が可能となりました。
さらに必要に応じて各種の画像診断データも参考にしつつ、最も最適かつ効果的な治療を実施します。

がん精密免疫血液検診システム「リスクチェッカー」は約10分程度、30ccの血液採取で完了します。
その為、患者様への負担が少なく済むのも特徴です。

  • がん関連細胞性免疫項目(抗がん性サイトカイン、NK細胞傷害活性、ヘルパーT細胞系検査)
  • がん関連抗原検査(男女別、合計27項目の精査)
  • 総合判断となるCIAスコア算出
アポトーシス誘導

までがん免疫治療の30分間無料電話相談を受け付けております。
ご家族様からのご相談も承ります。

タップで発信できます。0120-621-6360120-621-636