フリーダイヤル0120-621-636


〒104-0028 東京都中央区八重洲 2-5-6 KBYビル3F 東京MITクリニック/6F アスゲンクリニック 東京駅八重洲南口より徒歩5分

資料請求
フリーダイヤル0120-621-636

〒104-0028 東京都中央区八重洲 2-5-6 KBYビル3F 東京MITクリニック/6F アスゲンクリニック 東京駅八重洲南口より徒歩5分

最新がん免疫治療の症例 - 肝臓がん

      2018/05/23

[肝臓がん]70代男性/九州在住

平成19年 腎臓がんとの診断を受け、右腎臓細胞癌の全摘出手術をおこなったが、平成24年には肝細胞がんと告げられた。

県内の病院や、福岡の大学、食事指導を行う病院各々の医師達と治療を行ってきたものの、肝臓は肝硬変が進行し、治療難行となってしまう。

平成27年3月 当院への受診を決意する。
診察の時点では、当院の治療とともに諦めていた状況であった。

初診での問診にて、肝動脈歓塞栓術を併用した方が腫瘍縮小できると判断し、福岡の主治医と連絡をとり治療依頼をする。4月初旬、入院治療が決定したが、その前に当院の治療を行う事となる。

来院時にリスクチェッカー検査、その一週間後に内因性ペプチド誘導を1クール開始とともに
アポトーシス誘導の内服を開始し入院中、その後もアポトーシス誘導の経口を続ける。

平成27年6月 腫瘍の縮小と腫瘍マーカーの著しい改善に主治医も驚いてるとの事。

※治療経過は患者様から任意をいただいたもののみ開示しております。

村上先生よりコメント

7月は2ヶ月ぶりにご来院され、いつものように飛行機で日帰りなさりました。
PET-CTの結果、転移なく良好と主治医からご連絡もいただいており、とても嬉しく思います。

どうにか九州にも往診、治療をとの事お願いされましたが今はまだ時間的に都合がつかず、やはり患者様方に頑張って遠方から来ていただかなくてはならないんのが心苦しいです。

この方のように毎日日帰りされる方もいらっしゃいますが、体力的に一泊、御身内の家やホテルステイされて治療を受けられる方も多いです。

東京滞在中、御不安もあると思うのでいつでも体調が変わられたら対応できるよう、必ず緊急時の病院や、救急対応時にわかりやすいよう、各々の相手宛てのお手紙を書かせていただく事もあり、地域の諸先生方も大変お世話になり大変感謝しております。

肝臓がんによるこれまでの診療実績

liver 肝細胞がん(肝がん) 肝内胆管がん
原発性肝臓がん 転移性肝臓がん

※特に診療の多いものをご紹介しています。

このような方はまずはご相談ください

・末期がんで治療法がない
・抗がん剤治療しかないと言われた
・がん再発・転移の治療を探している
・生活の質を維持しながらの治療を行いたい