フリーダイヤル0120-621-636

※予約のご変更のみ、土日も承っております。
〒104-0028 東京都中央区八重洲 2-5-6 KBYビル3F 東京MITクリニック/6F アスゲンクリニック 東京駅八重洲南口より徒歩5分

資料請求
フリーダイヤル0120-621-636

〒104-0028 東京都中央区八重洲 2-5-6 KBYビル3F 東京MITクリニック/6F アスゲンクリニック 東京駅八重洲南口より徒歩5分

最新がん免疫治療の症例 - 甲状腺がん

      2018/05/23

[甲状腺がん(多発肺転移)] 50代男性/山梨在住

平成26年9月 甲状腺摘出手術。

平成27年1月 放射線療法。

平成27年7月多発肺転移。当院へ来院。
化学療法と併用して、免疫治療開始。リスクチェッカー検査・内因性ペプチド誘導を1クール開始とともに、アポトーシス誘導の内服を開始する。

※治療経過は患者様から任意をいただいたもののみ開示しております。

村上先生より

現在は点滴治療を終え、内服を続け腫瘍マーカーのチェックをしています。
抗がん剤の副作用で手足のしびれや皮膚症状がひどく辛い時期もあったと思いますが、副作用に対する対応や禁煙などの生活指導も続け、腫瘍マーカーも正常化。

免疫治療を併用し抗がん剤の副作用が軽くなり、元気に毎日が過ごせているそうです。そんな報告をいただいて、私も大変嬉しいです。

甲状腺がんによるこれまでの診療実績

larynx 髄様がん 未分化がん
乳頭がん 濾胞がん

※特に診療の多いものをご紹介しています。

このような方はまずはご相談ください

・末期がんで治療法がない
・抗がん剤治療しかないと言われた
・がん再発・転移の治療を探している
・生活の質を維持しながらの治療を行いたい