フリーダイヤル0120-621-636

〒104-0028 東京都中央区八重洲 2-5-6 KBYビル3F 東京MITクリニック/6F アスゲンがんクリニック 東京駅八重洲南口より徒歩5分

資料請求
フリーダイヤル0120-621-636

〒104-0028 東京都中央区八重洲 2-5-6 KBYビル3F 東京MITクリニック/6F アスゲンがんクリニック 東京駅八重洲南口より徒歩5分

がん治療実績-がん種一覧

      2017/10/11

東京MITグループでは、腫瘍免疫や血液内科など、がん免疫治療最前線で経験を積んだ医師達による
「チームがん治療」を軸とし、2万件を超える治療症例の中から患者様にもっとも効果の高い治療を提供しています。

ほとんどのがん種に適応すると同時に、他院では「手立てなし」と宣告された患者様を多数根治へと導いてまいりました。

このような方はまずはご相談ください

  • ・末期がんで治療法がない
  • ・抗がん剤治療しかないと言われた
  • ・がん再発・転移の治療を探している
  • ・生活の質を維持しながらの治療を行いたい

免疫療法治療によるこれまでの がん種別診療一覧

※ごく一部をご紹介しています。

病名 分類 概要
骨髄腫 MGUS 単クローン性免疫グロブリン(M蛋白)をつくる形質細胞が腫瘍性に増え、これに伴い貧血や感染症、腎障害、骨病変などが引き起こされます。原因は不明な所が多く、悪性リンパ腫と同様に高齢者に好発します。自覚症状としては胸や背中、腰などの痛み、体重減少などがあります。
形質細胞白血病 多発性骨髄腫とよく似た病気ですが、大量の骨髄腫細胞が血液中を流れているのが特徴で、症候性骨髄腫に比べて進行が速いのが特徴です。骨髄で正常の造血細胞の増殖を阻害するため、貧血や血小板減少による出血傾向で発症することが多いです。
孤発性骨形質細胞腫 多発性骨髄腫では複数の骨に病変が見つかるのに対して、一か所の骨に腫瘤性病変が見つかるタイプです。予後は症候性骨髄腫より良好ですが、数年で一部が症候性骨髄腫へ移行するとされています。
症候性骨髄腫 多発性骨髄腫には、「無症候性」の骨髄腫、「症候性」の骨髄腫の二つがあり「CRAB」症状のうち一つでも当てはまる場合には症候性の多発性骨髄腫と診断しますが、「CRAB」がない骨髄腫でも骨髄腫細胞が60%以上、抗体の検査法)の結果、比率の数値が100以上、全身のMRIを撮影し、2箇所以上に異常が見られる場合、症候性骨髄腫と診断します。
髄外性形質細胞腫 骨以外の組織に骨髄腫細胞の塊ができる病気であり、腫瘤ができる場所によって症状が異なります。80%以上が上部気道や上部消化管に分布し、上部気道では副鼻腔が多い。検査方法としては、骨以外の組織にできた腫瘤の部分の生検を行い、骨髄腫かどうかを確認します。
多発性形質細胞腫
非分泌型骨髄腫 一般的な多発性骨髄腫と非常によく似ており、症候性骨髄腫と同様にさまざまな症状があらわれます。症候性骨髄腫との違いは一つだけで、症候性骨髄腫では検出されるはずのM蛋白が、このタイプでは検出されません。
無症候性骨髄腫 くすぶり型多発性骨髄腫とも言われる。
・血清M蛋白<3g/dl and/or
・骨髄におけるクローナルな形質細胞の比率≧10%
・臓器障害がないこと
*骨髄腫の診断基準を満たすものの臓器障害がないものを指します。症候性骨髄腫への移行が認められるため、慎重な経過観察を必要とします。
皮膚がん 悪性黒色腫(メラノーマ) メラニン色素を産生するために、多くは黒褐色の皮膚病変として出現します。まれに腫瘍細胞がメラニン色素を産生せず、色素沈着をともなわない病変として現れることもあります。また、早期の段階で転移を起こしやすく、再発率も高いとされています。
基底細胞がん 初期症状として、黒から黒褐色のほくろのような発疹があらわれ、痛みや痒みは通常ありません。高齢者に多い傾向があり、顔に多く発生することから、紫外線の影響が考えられています。皮膚だけでなく、筋肉や骨にも浸潤しますが、リンパ節や内臓に転移することはほとんどありません。
日光角化症・ボーエン病・パージェット病
有棘細胞がん 表皮の中間層を占める有棘層を構成する細胞から発生するがんで、日本人に多い皮膚がんの一つとされています。誘因として考えられる一番は紫外線の関与であり、特に中波長紫外線(UVB)は皮膚がんの発生に大きな影響を与えています。短期間に大量の紫外線を浴びる、子供のころからの蓄積などの影響でがんは発生します。また、発症誘因として最近注目されているものに、ヒト乳頭腫ウイルスがあります。
胆道がん 胆管がん 胆管に発生する悪性腫瘍で、初期症状として多いのが、黄疸(おうだん)ですが、自覚症状が分かりにくいため、早期発見が非常に難しいと言われています。原因は、さまざまなものが考えられますが、胆管に胆石がある場合、約10%の人にがんが発生すると言われています。
胆道がん
胆嚢がん
頭頸部がん 頭頸部がん
扁平上皮がん
軟部肉腫 軟部肉腫 軟部肉腫は皮下組織や筋肉などの軟部組織に悪性腫瘍が発生します。全身あらゆる部位に発生し、約60%は四肢に発生すると言われています。明らかな原因はわかっていませんが、最近の研究によりある種の腫瘍に特異的な遺伝子の変異が指摘されており、腫瘍の種類によっては何らかの原因によって遺伝子の変異が原因ではないかと推測されています。
脳腫瘍 下垂体腺腫
神経鞘腫
神経膠腫(グリオーマ)
髄膜腫
頭蓋咽頭腫 良性脳腫瘍の代表的なもののひとつで、胎生期の頭蓋咽頭管が消えずに残ったものから発生する先天性腫瘍と考えられています。小児期と成人期に多く嚢胞や石灰化を伴うことを特徴とし、正常組織に食い込んでいることが多く、完全な摘出が困難な一因となっています。
胚細胞腫
骨肉腫 原発性悪性骨腫瘍
続発性悪性骨腫瘍(転移性骨腫瘍)
耳のがん 外耳がん 耳にできる癌を「聴器がん」といい、できる場所によって分類されます。外耳は、耳の構造のうち耳介(耳殻)と外耳道を合わせた部分をいい、早期発見しやすく、外から見える耳と耳の穴のことをいいます。
中耳がん
内耳がん
上顎洞がん 下方進展型 上あごにがんが広がるので、上の歯が浮いてきます。治療しやすく予後が良い傾向があります。
後方進展型 脳と上顎洞の境にある骨を破壊し、がんが脳に進行することで、さまざまな脳機能の障害が起きます。治療しにくく予後が悪い傾向があります。
上顎洞がん 上顎洞がんは進行の仕方により、内方進展型・上方進展型・下方進展型・前方進展型・後方進展型に分けられ、症状の出方や特徴が異なります。
上方進展型 眼窩にがんが広がるため、視力障害や眼球が突出してきます。治療しにくく予後が悪い傾向があります。
前頭洞がん
前方進展型 顔の頬の腫れがみられます。治療しやすく予後が良い傾向があります。
蝶形洞がん
内方進展型 鼻づまりや鼻からの出血がり、治療しやすく予後が良い傾向がああります。
鼻腔がん 鼻腔は口腔の天井部分を構成する骨の上方に位置しており、その後方部は下に曲がって咽頭(喉)へとつながっています。空気をろ過して暖め、さらに肺に送られる前にその空気に湿気を加えるという働きを担っています。鼻腔がんは、鼻腔の表面を覆っている上皮細胞から発生します。
扁平上皮
篩骨童がん
副腎がん 褐色細胞腫(稀にがん。ほぼ良性)
副腎皮質がん
外陰がん パジェット病
悪性黒色腫(メラノーマ) 悪性黒色腫は皮膚がんのひとつであり、悪性度が高く早期の段階で転移を起こしやすく、再発率も高いです。皮膚の悪性黒色腫は通常、黒く「ほくろ」のようにみえ「ほくろのがん」とも言われています。皮膚の色と関係するメラニン色素を産生する皮膚の細胞をメラノサイトと呼び、悪性黒色腫はこのメラノサイト、母斑細胞(ぼはんさいぼう:ほくろの細胞)が悪性化した腫瘍と考えられています。
外陰がん
扁平上皮がん
膣がん 腺がん 腺がんは、腟の表面にある腺細胞から発生するがんで、腟がんの約5~10%が腺がんといわれており、早期発見も難しく予後も悪いことで知られています。腺がんを早期発見するためには、細胞診に加えて「HPV検査」も併用することが効果的と考えられています。
扁平上皮がん
膣がん
精巣がん セミノーマ
精巣がん
非セミノーマ

まで免疫治療など30分間無料電話相談を受け付けております。
治療方法や通院頻度のご質問などございましたら、いつでもご相談ください。
ご家族様からのご相談も承ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
MITグループ 免疫治療センター
初診外来 相談専用窓口 受付時間
0120-621-636
月~土(日祝除く) 9:30~18:30
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


まで当院の免疫治療についての30分間無料電話相談を受け付けております。
治療方法や通院頻度などのご質問などございましたら、いつでもご相談ください。
ご家族様からのご相談も承ります。